PMP受験当日の流れ

受験会場(東京の場合)

東京で受験する場合、受験会場は一つしかなく、必ず御茶ノ水にあるプロメトリックテストセンターで受験することとなる。
御茶ノ水駅、新御茶ノ水駅が最寄り駅となる。
プロメトリックテストセンターは、御茶ノ水ソラシティの5階にある。この建物には正面入り口は二つあり、正面から見て右側の入り口から入る必要がる。

JR「御茶ノ水」駅 聖橋口から徒歩1分
東京メトロ千代田線 「新御茶ノ水」駅 B2地上出口徒歩1分または地下出口直結
東京メトロ丸の内線 「御茶ノ水」駅 出入口2から徒歩4分

当日の持ち物

試験当日に持っていかなければならないものは、次の2点だけである。これ以外のものを持って行っても、試験室に持ち込めるものは、マスクとティッシュ2枚だけである。

  • 身分証明書(パスポートが望ましい)
  • 試験予約票(プロメトリックの予約後のページを印刷、Eligibility Numberが記載されていること)

試験開始までの流れ

試験開始は、受験者一斉開始ではなく、受付やボディチェックが完了した受験者から順次試験が開始される。早めに帰りたい人は、受付開始時刻から行くとよいだろう。

試験中の注意事項

試験中は監督者を呼び出して、トイレ・水分補給のために退出することが許される。4時間の試験は本当に苦しい戦いであるため、休憩を挟むなど、精神的なリフレッシュも兼ねて休憩することをおすすめする。

2019年4月3日仕事


Bitnami